活用事例

前へ 1 2 3 次へ 1-3/27件

「他流試合」でマネジメントとしてのスキルとマインドを鍛える

業種
通信サービス
対象層
課長層(選抜)

育成ストーリー

設立以来親会社からの出向者が管理職となっていたが、資本関係が変わり、生え抜き社員が管理職に多く登用された。今不足しているマネジメントスキルを強化するとともに、通信業界や親会社以外の世の中のさまざまなビジネスの仕組みや判断基準について知見を広げてほしい。

プログラムの狙い/ポイント

  • 短期集中(3ヶ月)でマネジメントスキル(ヒト・モノ・カネ・思考の各領域)を学ぶ
  • 異業種の課長層とともに学び、切磋琢磨しながら視野を広げる

次代の経営層のチャレンジ精神・変革志向を強化する

業種
機械メーカー
対象層
部長(役員候補)

育成ストーリー

顧客企業のグローバル展開をサポートすることで自らグローバルな成長を実現した生産機械メーカー。今後の事業運営も新市場におけるチャレンジとなる。次代の事業責任者となる部長層のチャレンジ精神・変革志向を短期のプログラムで刺激したい。

プログラムの狙い/ポイント

  • 中長期的な自社の課題と自身の役割を考える
  • さまざまな刺激を通じて段階的に視野を広げ、己の視野やスキルの足らざるを知る
  • 自分の成長=組織の成長という自覚を持って、主体的に学び続ける状態をつくる

プログラム全体像

関連キーワード

オンラインを活用しグローバルリーダー育成を加速する

業種
小売
対象層
マネジャー(各海外拠点にて選抜)

育成ストーリー

過去数年間、世界各地から選抜メンバーを日本に集めてグローバルリーダー研修を実施していた。しかし、移動コストが高く、また育成人数が限られる。アジア市場の成長を見越し、より多くの幹部候補生をより速く育成するために、研修内容は全社で共通化しつつ、実施は現地に任せたい。

プログラムの狙い/ポイント

  • 日本本社と拠点人事の要望を基に、グローバルリーダーに求められるスキル・マインドを体系的・実践的に学ぶ共通プログラムを策定。
  • 同じプログラムを日本・中国・アセアンの3拠点で展開。(使用言語は英語・日本語・中国語から1つ選択、実施はグロービスの中国・アセアン拠点が一部担当。)
  • 過去は集合研修で実施していたが、一部を短時間・高頻度のオンライン研修に置き換え、コスト低減と学習効果の最大化を実現。
前へ 1 2 3 次へ 1-3/27件