グローバル人材育成

グローバル人材とは

グローバル人材とは、国内外の環境を問わず、いかなるビジネスシーンでも活躍できる人材のことです。グローバル人材は、国内のみで働くビジネスリーダーとは求められるスキルや考え方が異なります。なぜなら、企業がグローバル化する過程においては「異文化を理解する」「多様性を受容する」「現地の国益を理解する」「グローバル市場全体を考える」などの力が不可欠だからです。

グロービスでは、グローバルにおけるリーダーには、普遍的なリーダーに必要な3つの能力(ビジネスフレームワーク、コンセプチュアルスキル、ヒューマンスキル)に加え、部下や関係者との異文化コミュニケーションスキル、英語力、世界的視野が必要だと考えています。

普遍的なリーダーに必要な3つの能力

※グロービスでは、グロービス経営大学院の卒業生をグローバル即戦力人材としてご紹介するCMP(コーポレート・メンターシップ・プログラム)を提供しております。詳しくはこちらをご確認ください。

ページTOPへ戻る>>

グローバル人材育成のポイント

グローバル人材育成のポイントは、自社のグローバル化の進捗を確認することです。一般的に、グローバル化の過程は3つのプロセスを経ていきます。主体は本国にありながらも一機能を海外に移管する段階の「国際化」、現地人材にマネジメントが任される段階の「現地化」、そしてグローバルに共通の人材スペックが規定され、出身地に依らない人材配置がなされる段階の「グローバル最適化」です。

各企業が直面する事業の状況により、注力すべき育成対象は異なります。グローバルで勝つためには、事業の状況に合わせて目指したい状態を定義した上で、必要な人材を育成することが鍵です。

また、育成対象は、下記のようにも整理することができます。

事業フェーズに応じた人材育成

このように、グローバル化の段階に合わせて育成すべき対象はさまざまです。


ページTOPへ戻る>>

グロービスの企業内研修サービスと特徴

グロービスでは、グローバル人材として力を発揮するための人材育成プログラムを、英語、中国語、日本語の3言語にて幅広く提供しています。

※グロービスの企業内研修のご紹介はこちら
異業種交流型の英語プログラム(GLOBIS Accelerated Leaders Program)のご紹介はこちら
定額制動画サービス(GLOBIS Unlimited)のご紹介はこちら

グロービスのサービスは、「実務で使える実践的な学び」「選び抜かれた実務家講師」「先進的なオンラインの取組み」「専任コンサルタントの伴走」といった4つの特徴を備えています。

※各項目をクリックすると、詳細をご覧いただけます

4つのサービスの特徴

実務で使える実践的な学び 選び抜かれた実務家講師 先進的なオンラインの取り組み 専任コンサルタントの伴走

専任コンサルタントのご紹介はこちら>>

ページTOPへ戻る>>

グローバルにおける研修実績

グロービスは、日本と中国(上海)シンガポール に拠点を構え、これまでに、海外15ヶ国以上での研修実績があります。オンラインでの提供実績も豊富にあり、さまざまな国籍の方に向けて、グローバル⼈材育成プログラムを⼿がけてまいりました。またグローバルネットワークを活かし、海外の一流ビジネススクール(ISB、CEIBS)との提携も実現し、イマージョン・プログラム(海外の現場に飛び込み実体験するプログラム)も実施しています。

グロービスが過去に開催した国名一覧

■業種別研修実績

業種別研修実績

※2020年8月末時点


■活用事例

グロービスが提供したグローバルプログラム一覧

グローバル人材育成の活用事例は、こちらからご覧ください。

シンガポールを拠点とした導入事例はこちらからご覧ください。*グロービス・アジア・キャンパスのウェブサイトに移動します。

海外赴任者に必要なスキル・知識とは
【オンラインサービスのご紹介動画】

ページTOPへ戻る>>

サービスをご利用いただいた声

ご利用者様の声

 

ページTOPへ戻る>>

実務で使える実践的な学び
選び抜かれた実務家講師
先進的なオンラインの取組み
専任コンサルタントの伴走