未来を創る人・組織を、創る。

グロービス・コーポレート・エデュケーション
マネジング・ディレクター
西 恵一郎

テクノロジーの進化は、世の中を急激に変化させ、多くの企業が変革の局面を迎えています。
同時に、経営者や事業責任者は、中期計画や戦略を構築しても、思うように実行・実現できていないという課題に直面し続けていると思います。この課題の本質は、戦略と組織のケイパビティが一致していないことにあります。

私たちの使命は、「未来を創る人・組織を、創る。」こと

戦略は実行する人が考えなければ、好ましい成果には繋がりません。戦略を実行する人が考えることで当事者意識が高まり、実行における改善が生まれるものだと思います。また、戦略を作って与える形では、短期的には成果が出ても、組織に知恵が蓄積されず、長期的には成果を生み出し続けることは出来ません。変化が常態化する時代に事業創造・変革をもたらし、求める成果に結びつけるには、人や組織も変化/成長させ、戦略を遂行可能なレベルにまで引き上げることが必要です。
私たち、グロービスの組織開発コンサルティングのアプローチは、戦略や事業を創るのではなく、事業を創る人・組織をつくることで、経営者の課題解決に踏み込みます。

組織と人の行動を変えていく「ラーニングジャーニー」の設計

具体的には、経営者の求める理想と現状の人や組織の間にあるギャップを見極め、そのギャップを埋めるための組織変革のプロセスをデザインします。その肝となるのは、個人のストーリーと企業のストーリーを合わせること。つまり、個人の能力やキャリアに応じたラーニングジャーニーを描き、企業の戦略と整合させるプログラムをデザインすることです。
プログラムでは、個人の気づきを促し、行動変化を創りだします。受講者が自ら考え、実行できる再現性を高める場づくりとファシリテーションは私たちのこだわりであり、強みです。

お客さまへの価値提供のレベルを高め続けるためには、私たち自身のナレッジのアップデートも必要不可欠です。これが長年に渡り実現できるのは、グロービスグループとして、国内外に多様なネットワークを持ち、最先端の経営知を結集させていることにあります。またコンサルタントはお客さまへのコンサルティング業務だけでなく、経営知の研究開発業務を兼務し、蓄積されたナレッジを社員間で共有することに力を入れています。

日本の人・組織の課題解決に向けた「co-creation(共創)の実現」

変化が続く現代において、私たちも組織で起こる全ての事情に対して答えを持っているわけではありませんが、人と組織の可能性を信じ、私たち自身もチャレンジを続けます。 企業が立ち向かうべき本質課題に伴走し、お客さまと共に先進事例を作り、そのプロジェクトを通じて得られたナレッジを世の中に広く発信・還元し、日本企業の成長に貢献しうる企業体でありたいと強く思います。

このような共創を一緒に取り組み、ナレッジを還流していく取り組みに、一緒にチャレンジしませんか。私たちは、企業の人・組織の課題解決へのco-creation(共創)をお客さまと一緒に実現したいと思っています。