テクノベート領域プログラム内容紹介

テクノベート・ストラテジー(基礎)

テクノベート時代に競争優位を構築する上で、必ず押さえておくべき重要な概念に関する理解を深めるプログラム。

演習やショートケースを通じて、テクノベート時代における経営環境分析や戦略立案を行うための基本概念・主要論点を基礎から体系的に押さえる。その上で、従来の戦略定石が通用しないことの認識を促し、健全な危機感の醸成を行うことを目的とする。

《 テクノベート・ストラテジー(基礎) 》
全1日
内容 産業構造の変化
テクノベート時代の競争優位
<顧客の求める価値の変化>
<レイヤー構造化・バリューネットワーク>
<プラットフォーマーの競争優位性>
<データの価値>
振り返り
< 学びの振り返り/活用イメージの言語化 >

テクノベート・ストラテジー

テクノベート時代の企業戦略の定石を理解し、それに基づいた戦略的思考力を高めるプログラム。

ケース・メソッド(実例)を通じ、ビジネス環境や競争ルールの変化の激しさを認識すると同時に、テクノベート時代の競争優位性の肝を理解し、従来の戦略の延長線上ではない、新たな戦略を立案するための思考の素地を形成することを目的とする。

《 テクノベート・ストラテジー 》
全1日
主な内容 提供価値の再定義と創発戦略
<顧客提供価値/データ活用/創発的な戦略>
テクノベート時代のビジネスモデル:プラットフォーム戦略
<プラットフォーム型のビジネスモデルの特徴/競争優位性/収益化のポイント>
振り返り
< 学びの振り返り/活用イメージの言語化 >

テクノベート時代の新規事業創造のリーダーシップ

テクノベート時代に、また新規事業において、競争優位を構築し実行する上でリーダーが直面する難所と克服のために為すべきことを理解するプログラム。

ケース・メソッド(実例)を通じ、テクノベート時代における/新規事業の立ち上げ時の戦略を実行するための、基本概念・主要論点を押さえることをめざす。同時にリーダーとして、従来の(既存事業の組織での)行動のみでは目的が実現できないことを認識し、必要な変化を理解することを目的とする。

《 テクノベート時代の新規事業創造のリーダーシップ 》
全1日
主な内容 テクノベート事業/事業創造に必要な組織
組織文化、リーダーとは
<組織能力や組織構造の変化への理解>
<変革実行のための導き方>
<リーダーに必要な思考方法や態度>
組織変革を担うリーダーが直面する難所
<自身の役割の認識>
<陥りがちな難所とあるべき姿の理解>
<自分なら何ができるかを考える>
振り返り
< 学びの振り返り/活用イメージの言語化 >

企業内集合研修プログラムラインアップ