logo

オンライン研修の実践

オンライン研修の特徴

1. 各自のペースに合わせて学習が可能

共働き、時短勤務、時差出勤、テレワークなど、多様な働き方が当たり前の時代となりました。その結果、受講者全員が同じ時間に集まることがリアル研修は、開催自体が難しくなっています。

一方オンライン研修は、社員の働き方に影響されることなく研修を開催できます。特にMOOCsにおいては、受講者の働き方に合わせて各自が好むペース・時間帯で学習を進められます。

2. 勤務地を問わず、どこからでも受講が可能

リアル研修を開催する際、研修受講対象者の勤務地に合わせて開催場所を選定したり、受講者の勤務地に合わせて複数回に分けて研修が開催されます。

勤務地によっては、リアル研修の受講が叶わなかった社員が発生してしまうケースもあるのではないでしょうか。

しかしオンライン研修の場合は、勤務地の制約を受けることがありません。研修を受講するために必要なツールを用意さえすれば、自宅・オフィス・出張先など、どこからでも研修を受けられます。

3.最先端の技術を取り入れた学習

オンライン研修には最先端の技術が取り入れられ、学び方も刻一刻と進化し続けているという特徴があります。

たとえばオンライン研修では、電子端末・アプリケーション・インターネット・外付けハードウェアなど、さまざまなITツールを活用します。これらのITツールを開発している会社では、利用者の利便性の向上を追求し、アップデートが日々行われています。

関連記事

■オンライン研修の基礎知識

■オンライン研修の実践