カネ系領域プログラム内容紹介

 

アカウンティング(財務会計)

ビジネスにおいて最低限必要とされる財務会計の基礎知識と、それらを用いた意思決定能力を高めるためのプログラム。
企業経営においてアカウンティングが果たす役割、基本的な概念や分析手法を理解したうえで、経営戦略や事業特性がどのように財務データに反映するか、財務データから経営上の問題をどう発見し、意思決定を行えばよいのかについて、考えるための基礎知識を習得することを目標とする。

 《 アカウンティング(財務会計) 》
全1日
主な内容企業経営におけるアカウンティングの役割
財務三表の内容・特性と相互間のつながり
〈 B/S、P/L、C/Fとそれらの相互関係 〉
企業活動と財務諸表の変化のメカニズム
企業事例を用いた財務指標分析

管理会計

管理会計や内部コントロールの基本概念や手法を活用するスキルを修得し、マネジメントとしての意思決定能力、組織運営能力、戦略実行力を高めることを目的としたプログラム。
会計データに裏付けられた意思決定と組織運営を通して戦略-計画-実行-フィードバックという一連のプロセスをどのように組み立てるのか、管理会計のツールと人事戦略やマーケティングなどが相互にどのように関係しているのかを考え、戦略を具体化・実行していくためのコントロール・システムを構築し、組織を動かす手法について考える力を身につけることを目標とする。

 《 管理会計 》
全1日
主な内容財務予測と損益分岐点分析
〈 P/L、B/Sの予測、
損益分岐点分析の考え方 〉
伝統的原価計算
〈 直接原価計算、全部原価計算 〉
活動基準原価計算(ABC)
〈 ABCのメリット、業務評価への応用 〉
標準原価計算と差異分析
〈 標準原価と実績との差異の分析 〉

ファイナンス(企業財務)

ファイナンスの専門家ではなく、マネジメントを目指す方が最低限必要とするファイナンスの基礎知識と、それらを用いた意思決定能力を高めることを目的としたプログラム。
企業経営においてファイナンスが果たす役割、基本的な概念や分析手法を理解し、企業価値・投資価値といった眼に見えないものをどうやって把握・算出するのか、更には定性的な分析要素も含め、最終的な意思決定をどのように行えばよいのかについて、考えるための基礎知識を習得することを目標とする。

 《 ファイナンス(企業財務) 》
全1日
主な内容ファイナンスの基本概念
〈 金銭の時間的価値、DCF法、
リスクと割引率 〉
企業価値・投資価値の評価手法
〈 FCF、NPV、IRR 〉
投資意思決定
〈 ファイナンス評価と定性分析との関係 〉
〈 企業事例を用いた、定性・定量分析と総合的意思決定のプロセス 〉

ソリューション