カリキュラム

「創造と変革」を担うリーダーを育成するためのカリキュラム

グロービス経営大学院では、社会の「創造と変革」を担うビジネスリーダーを育成することをミッションとしています。そのためカリキュラムは、激変するビジネス環境下で戦略を立案実行し、結果を出すビジネスリーダーに必要な能力を鍛える構成となっています。各科目を基本・応用・展開の3つのレベルに分け、基本及び応用科目では、5つの領域に亘って科目を揃えています。

5つの領域のうち「組織・人事」「マーケティング・戦略」「会計・財務」の3領域は、経営資源の3要素であるヒト・モノ・カネに関する能力を体系的に修得する、世界のMBAプログラムに共通する領域です。グロービス経営大学院では、これらの領域に加え「思考」「志」の2つの領域を設けています。それは、リーダーにとって、特に困難な局面の意思決定において、自分の価値観や信念といったものの存在が、経営に関する能力と同等に重要となってくるためです。展開科目は、難度の高い経営課題や今日的な課題に対して、基本及び応用で修得した学びを活用して取り組む科目となります。

グロービス経営大学院 カリキュラムマップ(2017年度)

カリキュラムマップ

全科目の内、11科目が必修(内1科目は選択必修の2科目から選択)となります。
修了要件である36単位を満たすためには、科目数換算で24~25科目を履修することが必要です。

注1:特別講座は開講頻度が限られます。
◎カリキュラムマップ記載の科目や単位数は変更となる可能性があります。
◎入学年度により、必修科目に変更があります。詳細は「入学年度別修了要件一覧表」にてご確認ください。
◎グロービス経営大学院では、学生の履修希望にあわせた科目開講を目指しておりますが、応用・展開科目の一部では、希望する全学生に受講機会を提供することができない科目もございます。予めご了承ください。
◎東京校では、英語でクラスを行う英語MBAプログラム科目もございます。詳しくは、こちらよりご確認ください。


ソリューション