クリティカル・シンキング(マネジメント・スクール)

科目概要

「クリティカル・シンキング」講座では、仕事効率化においては必須のビジネススキルであるロジカルシンキング(論理思考力)や問題解決の手法、説得力のあるコミュニケーション(対人)の手法、ビジネスライティングについて、実例を用いながら「わかる」だけでなく「使えるレベル」になるまでトレーニングしていきます。

あらゆるビジネスパーソンに必要不可欠な論理思考力(問題解決力、コミュニケーション力、仮説構築力など)を鍛える科目です。前半では、ビジネスで直面する課題に対して、考慮すべき点を抜け漏れなく押さえながら、自分の考えを組み立て、強化するためのスキルを身につけます。また、ある情報から仮説を立て、仮説の検証を進めながら、ビジネスを進めていく上で成果につながる結論を生み出すスキルも磨きます。後半ではそれらに加え、説得力を持って結論を周囲に伝え、相手を動かすためのスキルもトレーニングします。これらのスキルは頭で理解することは難しくありませんが、実務で使えるレベルとして身に付けるには数々のハードルが存在します。この科目では、それらを乗り越えるために必要な考え方に焦点を当てると同時に、数多くの演習を通じてトレーニングを繰り返すことで、実務で使えるスキルとして身に付けることを目指しています。

 

こんな方にお勧めです。

  • ☑ 社内会議で通したい企画案。何をどう整理すればいい?
  • ☑ 何を言いたいのかわからないと最近よく言われてしまう…
  • ☑ このプランで行くと決めたのに、自信が持てないのはなぜ?
  • ☑ 課題を前に悩むばかりで、一向に解決策が打ち出せない

 

<<本研修について問い合わせてみる>>

ビジネスを実践していく上での「基礎体力」を養う

あらゆるビジネスパーソンに必要不可欠な論理思考力(問題解決力、コミュニケーション力、仮説構築力など)を鍛える科目です。これらの力を鍛えることは、スポーツに例えるなら基礎体力を養う筋力トレーニングのようなものです。論理思考(ロジカルシンキング)の基本を身につけることで、ビジネスのスピードとクオリティを効率的に高めていくことができます。

また、この科目は、グロービス初受講の方が多く、ディスカッションを通して学ぶグロービス独自の授業スタイルを知る点でも、他の科目を学ぶ際に必要となる思考力を養う点においても、初学者に最適な科目です。

クリティカル・シンキング

研修風景

<<本研修について問い合わせてみる>>

書籍を読むだけでは決して得ることのできない「思考トレーニングの場」

クリティカル・シンキング

研修風景

書店には「論理思考」「ロジカルシンキング」というタイトルの書籍が数多く並んでいます。皆さんも手に取ったことがあるのではないでしょうか。しかし、こうした書籍を何冊読んでも理解することが難しい点があります。それは、自分の「思考の癖」です。グロービスの授業では、グループディスカッションや相互フィー ドバック、クラス全体でのディスカッションを通じて、自分の思考プロセスを客観的に振り返る機会が数多く設けられています。また、各回の授業の間には、自主勉強会やクラスごとに設けられたディスカッションボード上で、受講生同士で意見交換する場も用意されています。

書籍を読むだけでは決して得ることのできない思考トレーニングの場であること。これが、グロービスの「クリティカル・シンキング」が数多くの企業や社会人から高い評価を得ている理由のひとつなのです。

<<本研修について問い合わせてみる>>

キーワードは、「論理の構造化」と「仮説検証」、「コミュニケーション」

前半では、ビジネスで直面する課題に対して、考慮すべき点を抜け漏れなく押さえながら、自分の考えを組み立て、強化するためのスキルを身につけます。また、ある情報から仮説を立て、仮説の検証を進めながら、ビジネスを進めていく上で成果につながる結論を生み出すスキルも磨きます。後半ではそれらに加え、説得力を持って結論を周囲に伝え、相手を動かすためのスキルもトレーニングします。これらのスキルは頭で理解することは難しくはありませんが、実務で使えるレベルとして身に付けるには数々のハードルが存在します。

この科目では、それらを乗り越えるために必要な考え方に焦点を当てると同時に、数多くの演習を通じてトレーニングを繰り返すことで、実務で使えるスキルとして身に付けることを目指しています。

クリティカル・シンキング

研修風景

<<本研修について問い合わせてみる>>

各回のテーマ

Day1  
セッションA テーマ:論理的に考えるとは
セッションB テーマ:論理を構築するためのポイント
Day2  
セッションA テーマ:枠組みを考える
セッションB テーマ:初期仮説を立てる
Day3  
セッションA テーマ:仮説を検証し、進化させる
セッションB テーマ:仮説を検証・進化させ、結論付ける
Day4  
セッションA テーマ:課題を特定し、解決する(前半)
セッションB テーマ:課題を特定し、解決する(後半)
Day5  
セッションA テーマ:相手に納得してもらう伝え方
セッションB テーマ:コミュニケーションをする際に活用するツール
Day6  
セッションA テーマ:コミュニケーションをする際に活用するツール
セッションB テーマ:総合演習

<<本研修について問い合わせてみる>>

 

サービスを探す