eMBA2.0×企業内研修

01. 集合研修と組み合わせ、当日の研修に必要な前提知識を揃えた

管理職向けに「eラーニング(eMBA2.0)」と「企業内集合研修」を組み合わせた。毎年、参加者のアカウンティングの知識に差があり、ファイナンス研修の運営が難しかったが、eMBA2.0を導入したことで前提知識を揃えることができ、運営しやすくなった。

■組み合わせのポイント

✔ 「ファイナンス」を学ぶことが集合研修の本来の目的にもかかわらず、前提知識のアカウンティングの基礎知識の説明に時間がとられていた。管理職になる前に「アカウンティング」の集合研修は実施していたが、忘れてしまっている人も多かった。 

✔ 研修予算や時間的制約から、再度アカウンティングの基礎知識習得を集合研修で行うのは難しいため、ファイナンスの集合研修前にeラーニングで事前学習できるよう仕組みを整えた。「アカウンティング」のみを短期で徹底して学ばせたいという目的から、eMBA2.0を申し込んだ。

✔ 過去、アカウンティングの書籍を配っていたが、学習進捗と理解度が事務局は把握できなかった。一方で、eMBA2.0は学習進捗やスキルチェックテストの結果確認を行えるため、受講者管理を一元化することが可能になった。進捗が進んでいない受講者に対して適切なフォローをすることができた。

■企業概要

企業規模  : 1,001名~2,000名

対象層   : 管理職層

受講者数  : 約30名

利用サービス: eMBA2.0  企業内集合研修 

組み合わせ例TOPへ戻る>>



サービスを探す