アセスメント・テスト(GMAP)ラインナップ CT編

GMAPとは、ビジネスパーソンの能力を客観的に測定するテストであり、測定領域としては、「考える力・論理思考(クリティカル・シンキング)」、「経営の定石(ビジネス・フレームワーク)」があります。

CT 編の詳細

構 成

理解力 データ理解図表データを読み取り、そこから何が言えるかを正しく理解する力を測定します。 文章理解文章の意味や繋がり、置かれている前提を把握し、全体の論旨を正しく理解する力を測定します。
論理構造把握複数の情報や条件のお互いの関係を整理する力を測定します。
論理的思考力
判断力
数学的判断推理複数の情報や条件を組み合わせ、言える事・言えない事を整理する力を測定します。
論証1文章から論理的に妥当な仮説を抽出し、検証点を明らかにする力を測定します。
論証2図表から論理的に妥当な仮説を抽出し、検証点を明らかにする力を測定します。

問題例

「理解力」の問題例このグラフは、A社の男性社員、女性社員40名に対し、無作為抽出を行って食後の歯磨きに関する聞き取り調査を行った結果である。このグラフから確実に言えることを選びなさい。
  1. 1日4回以上歯を磨くA社の社員はすべて女性である
  2. A社の女性社員はA社の男性社員に比べ虫歯になりやすい
  3. A社で1日1回しか歯を磨かないのは女性社員より男性社員の方が多い
  4. A社では1日3回以上歯を磨く女性社員が全女性社員のおそらく半数以上を占める
「論理思考力・判断力」の問題例ある経済学者が、以下の様な主張を行った。
「ロシア経済は1997年、1991年末のソ連崩壊以来初めてプラス成長に転じたが、『経済が回復軌道に乗った』と即断するのは早計である。
この主張の根拠を強める事にならない事象を以下の選択肢から選びなさい。
  1. 当時大統領のエリツィン氏は年末のラジオ演説で1997年の経済改革に触れ、「多くの国民にとって目立った成果を出せなかった」と述べた
  2. 通過ルーブルのデノミネーション(呼称単位の変更)が最近実施されたが、目立った混乱はなかった
  3. 国際通貨基金(IMF)は当時、ロシアに多額の融資を実行すると共に、最終安定化のための税制改革を急ぐようロシア政府に厳しく注文をつけている
  4. 多くの専門家筋はロシア経済の成長について、GDPが体制転換前の約6割にまで低下すれば、それ以上には下がらないとコメントしていた
※CT編のサンプル問題(3問)、テスト結果および解説をこちらからご覧いただけます。

ソリューション