人・組織を動かす影響力強化プログラム 体験セッション

概要

人・組織が動くメカニズムとは?『情と理』双方からのアプローチ

ビジネスの現場では相互依存がますます高まり、業務や組織の複雑性も増し続けています。
そのような環境下においては、いかに優秀な人材であっても、自分一人であげられる成果、実績は限られています。
そして、どんなに職務上の権限を持ち、正しいことを論理的に伝えたとしても、それだけでは人は動きません。

では、組織の中で、周囲からの理解・共感を得て、目標・目的を実現していくためにはどうしたらよいのでしょうか?

この問いに対して解を得るためには、リーダーシップ論のみならず、社会心理学、ポリティクスの見地からも、人が動く、人を動かすアプローチや技術について考える必要があります。
これらの視点を踏まえ、本セミナーでは、現代のビジネス・パーソンに必要とされる「人・組織を動かす力」に対するグロービスの考え方と、その力を身につけるための人材育成の方法論についてご紹介いたします。

また当日はグロービスの学び方をご体感いただけるように演習もご用意しております。

人事部や研修部門の方だけでなく、事業部内等で人材育成をご担当されている方も参加いただけますので、ぜひ貴社内にてご紹介ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

セミナーのご案内

日 時
2019年10月1日(火)  14:00~17:00
場 所
グロービス東京校
対象者
企業の人材育成ご担当者様(各社3名様まで) 
参加費
無料 
定 員
30名
講演者
林 恭子 

お申込みに対するお願い事項

・必ずご参加予定本人のメールアドレスにてお申込みください。
  (同一のメールアドレスで複数名のお申込みは出来かねます
・同業の方、個人の学習目的の方のご参加はご遠慮いただいております。

セミナー講師

林 恭子  |  Kyoko Hayashi

筑波大学大学院ビジネス科学研究科博士課程前期修了(MBA)。米系電子機器メーカーのモトローラで、半導体や携帯電話端末のOEMに携わった後、ボストン・コンサルティング・グループへ。人事担当リーダーとしてプロフェッショナル・スタッフの採用、能力開発、リテンション・プログラム開発、ウィメンズ・イニシアチブ・コミッティ等、幅広く人材マネジメントを担当。グロービスでは、マネージングディレクターとして人事を含む経営管理全般を統括し、働きがいある企業としての各賞を受賞。現在は組織・人事研究グループのリーダーとして、経営人材教育の研究開発・執筆、リーダーシップ、人材マネジメント、ダイバーシティ、エンゲージメント、キャリア開発、パワーと影響力等の領域を中心に、グロービス経営大学院での講義、企業研修、講演などを多数務める。共著書に『【新版】グロービスMBAリーダーシップ』(ダイヤモンド社)、『「変革型人事」入門』(労務行政)、『女性プロフェッショナルたちから学ぶキャリア形成』(ナカニシヤ出版)、共訳書に『一流ビジネススクールで教えるデジタル・シフト戦略』(ダイヤモンド社)がある。経済同友会会員。組織学会、産業・組織心理学会、及び経営行動科学学会員。


東京
大阪
名古屋
WEB


無料セミナー