エンゲージメントとグローバル競争優位性

概要

昨今、多くの企業が取り組んでいるテーマの1つに「社員エンゲージメントの向上」がありますが、特にグローバル展開をする企業にとっては、世界で活躍する社員のエンゲージメントをいかにグローバルでの競争優位につなげていくかという視点は必要不可欠になってきています。
インセンティブによるエンゲージメントの向上ではなく、働きがいや働く意義を構築しながらエンゲージメントを高め、グローバル競争下での競争優位構築に活かしていくのかは多くの企業にとっての重要な戦略課題の1つになっているのではないでしょうか。

そこで、今回は、日本で最も働きがいのある会社として選出された企業の人事担当者様をお招きし、各企業で行われている事例とともに、以下のような点について参加者の皆様と議論したいと思います。

● グローバル戦略におけるエンゲージメントの役割・意味とは?
● エンゲージメントと組織文化の関係とは?
● エンゲージメントを高めるために必要な視点とは?
● エンゲージメントをどのようにグローバル競争優位構築につなげていくべきか?

当日はご講演・パネルディスカッションの後に、会場との質疑応答の時間もご用意しております。

グローバル人事ご担当者様をはじめ、海外戦略部などでグローバル人材育成に取り組まれている皆様、グローバル組織開発・グローバル人材育成にご興味をお持ちの皆様に、是非広くご参加いただければ幸いです。

※:「Vorkers」を運営する株式会社ヴォーカーズが発表
注:タイトルが「High Trust Culture&Engagement ~グローバルでの組織競争優位性の作り方~」から
     「エンゲージメントとグローバル競争優位性」に変更になりましたが、登壇者や内容に変更はございません。

セミナーのご案内

日 時
2018年10月22日(月)  14:30~16:30
場 所
赤坂インターシティコンファレンス(最寄り駅:東京メトロ 銀座線・南北線「溜池山王駅」直結 千代田線・丸ノ内線「国会議事堂前駅」直結)
対象者
企業の人事ご責任者様、人材育成ご担当者様 
参加費
無料 
定 員
100名
講演者
浅田 靖隆氏・田中 憲一氏・高橋 亨 

お申込みに対するお願い事項

・参加される方は必ず1名様ずつWEBよりお申込ください。
・同業の方、個人の学習目的の方のお申し込みはお控えください。

講演者

浅田 靖隆氏  |  Yasutaka Asada

株式会社セールスフォース・ドットコム 人事本部 ディレクター(戦略・オペレーション担当)

富士通株式会社にて人事業務に従事。採用、教育、人事ビジネスパートナー、国内グループ会社への出向を経て、米国子会社へ出向し駐在員サポート、現地の人事関連プロジェクトなどを担当。2017年4月より株式会社セールスフォース・ドットコム入社後は主にシェアード・サービス業務を担当。自社テクノロジーを活用し、バーチャルヘルプデスクによる人事機能のパラダイムシフトや社員のエクスペリエンス(体験)向上を図る。

田中 憲一氏  |  Kenichi Tanaka

サントリーホールディングス株式会社 グローバル人事部 部長

1990年富士通株式会社入社。日本・欧州での人事業務経験後、GE(ゼネラル・エレクトリック)、Burberryにて採用・リーダー育成・組織開発・ビジネスパートナー・アジアパシフィック地域戦略パートナー等、様々な人事リーダー職に従事。現在サントリーホールディングス株式会社にてグローバル人事部に在籍し、人・組織に関わるグローバルな仕組み・枠組みの構築を推進中。

モデレーター

高橋 亨  |  Toru Takahashi

グロービス グローバル エデュケーション 代表
グロービス アジアパシフィック代表 / グロービス タイランド代表

大学卒業後、丸紅株式会社に勤務。7年間の海外勤務では、イランにてインフラ整備プロジェクトに携わった後、在ベルギーの欧州・中東・アフリカ地域統括会社にて、同地域における事業の立ち上げ、出資先、取引先への経営支援、ファイナンス供与などグローバルビジネスに広く携わる。現在は、日本およびグロービスの在シンガポール海外拠点において、アジア地域での人材育成、組織変革事業を推進する。

無料セミナー