女性の活躍を企業の競争力強化につなげるには
~女性リーダー育成プログラム体験セッション~


概要

安倍政権の成長戦略の中核として、「女性の活躍」が掲げられ、多くの企業が女性が働きやすい制度を整える中、育児休業後に復職する女性の比率も伸び、女性が活躍する場面が増えてまいりました。一方で、女性管理職比率の目標に対しては制度の充実だけでは難しいといった現状があります。
 
企業の人事・人材育成ご担当者様からは
   
◆制度は充実させたが、昇進に対して意欲的な女性少ない
◆女性社員の多くは、転勤経験がない、同じ業務を継続しているなど、経験の偏りが大きい
◆上長が、女性の部下に男性と同じ活躍を期待しない、過保護意識が残っている

等、様々な課題を伺います。女性リーダーを意図的に育成する施策を考える上で、弊社ではリーダー候補者(管理職登用前)を対象とした女性リーダー育成プログラム、そして女性リーダーの育成を任されている上長を対象としたプログラムを開発しました。
 
本セミナーでは、女性リーダー育成の課題、問題意識等を参加者の皆様と議論するとともに、弊社プログラムの設計思想並びに概要をご紹介いたします。また当日はケースを用意しまして、弊社のクラスの特長である「受講生が自ら考え、発言するスタイル「多様な視点でディスカッションする効用」もご体験いただくことができます。

皆様のご参加をお待ちしております。

セミナーのご案内

日 時
2017年10月25日(水)  14:00~17:00
場 所
グロービス東京校(千代田区二番町5-1)
対象者
企業の人事、人材育成、ダイバーシティ推進、女性活躍推進の各責任者様、担当者様(各社3名様まで) 
参加費
無料 
定 員
30名
講演者
君島 朋子 

お申込みに対するお願い事項

・ご参加は1社3名様まででお願いいたします。
(必ず参加される方は1名様ずつWEBよりお申込ください)
・同業の方、個人の学習目的の方のご参加はご遠慮いただいております。
・過去に開催した同名セミナーと同じ内容です。

セミナー講師

君島 朋子  |  Kimijima Tomoko

国際基督教大学教養学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。法政大学大学院経営学研究科キャリアデザイン学専攻修士課程修了。マッキンゼー・アンド・カンパニー・インクにて、経営戦略コンサルタントとして、食品、通信、医薬、金融などの各企業や公的機関に対し、経営分析と戦略策定、マーケティング戦略策定、コスト削減、経営管理体制構築などのコンサルティングに従事。その後、株式会社グロービスにて、現・グロービス経営大学院のプログラム開発・大学院の設立を担当し、新規科目・教材の開発、サービス開発、制度構築などを行う。教員としても、思考領域・人材マネジメントの科目を担当。大学院のプログラム開発統括、コーポレート・エデュケーション部門ディレクターを経て、現在ファカルティグループ ファカルティ本部代表。同時に、同大学院の人材マネジメント・組織行動研究グループのリーダーとして、主に日本企業の人的資源管理と女性労働についての研究に携わる。

無料セミナー