リーダーに求められる多様性のマネジメント
~女性活躍を推進する上司に必要な意識改革とは~


概要

近年、女性の活躍推進を含め組織のダイバーシティを推し進めようという動きは、日本の企業社会の最重要テーマの1つとなっています。一方で、その推進役として期待される職場のリーダーの方々から「話としては理解をしているが、いざ自分の職場での実施となると積極的になれない」、「本音をいうと、そもそも自社で実施する必要性をあまり感じていない」という声が挙がることも珍しくはありません。

女性の活躍推進を例にとっても、「女性社員本人へ働きかける施策は手応えがあるが、彼女たちの上司に対してどうしてよいかわからない」、「上司は女性の部下に対し男性と同等の期待をしていない」といった悩みを抱えている企業様も多いのではないでしょうか。

ダイバーシティ=多様性の尊重とは、性別や国籍といった外形的な違いだけではなく、仕事に対する価値観や働き方を含めた多様性を活かし組織の力を高めていくことです。その実現のためには、組織の要となるリーダーに、多様な人材をマネージする力が求められるのはいうまでもありません。

 「多様な人材のマネジメントには、何が必要なのでしょうか」
 「リーダーが多様性を受け入れていく上でどんなことが壁となるのでしょう」

本セミナーでは、女性の活躍推進を期待される上司の立場におられる方々をはじめ、ダイバーシティを主導する職場のリーダーに必要とされる多様性のマネジメントについて、講師と参加者の皆様との双方向の議論を通じて、理解を深めてまいります。

また、当日は、上司向けに弊社が開発した研修プログラムの一部をご体験頂きながら、実際に受講した方の声も含め、ダイバーシティ・マネジメントを学ぶプログラムの内容をご紹介いたします。

皆様のご参加お待ちしております。

セミナーのご案内

日 時
2017年9月27日(水)  14:00~17:00
場 所
グロービス 東京校
対象者
企業の人事・人材育成・ダイバーシティ推進・女性活躍推進の各ご責任者様、ご担当者様 (各社3名様まで)
 
参加費
無料 
定 員
30名
講演者
竹内 秀太郎 

お申込みに対するお願い事項

・ご参加は1社3名様まででお願いいたします。
(必ず参加される方1名様ずつWEBよりお申込ください)
・同業の方、個人の学習目的の方のご参加はご遠慮いただいております。

セミナー講師

竹内 秀太郎  |  Takeuchi Shutaro

一橋大学社会学部卒業。London Business School ADP修了。外資系石油会社にて、人事部、財務部、経営企画部等で、経営管理業務を幅広く経験。社団法人日本経済研究センターにて、アジアの成長展望にフォーカスした世界経済長期予測プロジェクトに参画。
グロービスでは、法人向け人材開発・組織変革プログラムの企画、コーディネーション、部門経営管理全般および対外発信業務に従事した後、現在グロービス経営大学院ファカルティ本部主席研究員。リーダーシップ領域の講師として、Globis Executive Schoolおよび企業研修を中心に年間約1,000名のビジネスリーダーとのセッションに関与している。
Center for Creative Leadership認定360 Feedback Facilitator。共著書に『MBA人材マネジメント』(ダイヤモンド社)がある。


無料セミナー