ビジネス・ファシリテーション体験セッション
~質の高い合意形成をリードし、組織の生産性を高める~

概要

多くの企業が直面している環境変化(海外へのビジネスシフト、雇用環境の多様化)においては、様々な価値観や考えを持った相手と合意形成を行い、組織を動かして行くことが益々重要になってきています。

そのような状況の中、組織が生産性を高めていく為に「人を動かす」「人の知恵や意欲を引き出す」「複数の利害関係者の意見をまとめて合意形成を行う」ことは避けて通れません。

組織における合意形成を図るために必要なスキルとして、お互いの意見や利害を乗り越えて合意に至らしめるためには、あるべき合意点に向けて、議論をリードしていくための議論の設計方法、論点の構造化、実際の場面でのさばき方が不可欠です。そしてそのプロセスを学ぶことができるプログラムがビジネス・ファシリテーションです。

今回のセミナーでは、グロービスがこれまで導入実績No.1を誇り、年間500社以上の導入実績を誇るクリティカル・シンキング(論理思考)の実践的位置づけとして開発されたビジネス・ファシリテーションの体験セッションを実施いたします。

  • 「論理思考は分かるが、より実践的な場面で活かすにはどうしたらよいのか?」
  • 「複数の利害関係者が存在する中、合意形成をスムーズに行っていく為にはどうすべきか?」
  • 「顧客との商談や社内外会議を合理的にまとめ、生産性を上げていく為にはどうしたらよいのか?」


等、日常ビジネス業務及びこれからの環境変化に対応しうる組織作りを課題として考えられている方は 是非、奮ってご参加ください。

セミナーのご案内

日 時
2017年11月9日(木)  13:30~17:00
場 所
グロービス大阪校(新大阪)
対象者
人材育成に携わるご担当者様
※同業の方、個人の学習目的の方のご参加はご遠慮いただいております。 
参加費
無料 
定 員
30名
講演者
堤 崇士 

お申込みに対するお願い事項

・ご参加は1社3名様まででお願いいたします。

(参加される方は必ず1名様ずつWEBよりお申込ください)

・同業の方、個人の学習目的の方のご参加はご遠慮いただいております。

 

セミナー講師

堤 崇士  |  Tsutsumi Takashi

Ashridge Business School(MBA)修了。東京海上日動火災保険株式会社入社。企業向け損害サービス部門にて、保険事故の原因特定、損害額算定、交渉業務に従事。その後、グロービスに入社し、製薬業界を中心に企業内研修やスクールを活用した研修の企画・設計・営業を担う。留学を経て、日本イーライリリー株式会社にて採用および人事ビジネスパートナーとして勤務したのち、現在はグロービスファカルティ本部に勤務。


無料セミナー