テクノベート時代の戦略構想力とリーダーシップとは
テクノベート・マネジメント・プログラム体験セッション


概要

テクノロジーの急速な進化に伴い、我々の企業活動は想像を超えるスピードでの変化を余儀なくされています。
新たなサービスが生まれ便利になる一方、ビジネス環境においては、これまでに想定できなかった競合の台頭や、従来のビジネスモデルを根底から覆すような変化が起きていることも事実です。

いつ自分たちの業界に破壊的な変化が起こるのか、また、変化を創る側に立つためには何を変えなければならないのか、人材育成のご担当者様からは不安が混じったお声を聞きます。

 ♦デジタルテクノロジーの急激な変化が、自社にもたらす影響の予測がつかない

 ♦変化に対応できる人材に必要な要件は何か?

 ♦描いた変化を実現するために組織として備えるべきことは何か?

これらの不安に対応していくには、変化の本質を理解し、立案した戦略の実行における要諦・難所を理解することが重要となります。

弊社では、グロービス・エグゼクティブ・スクール(GES)の新たなプログラムとして、『テクノベート・マネジメント・プログラム(TMP)*1』を開講する運びとなりました。(2019年1月期/東京、2019年7月期/名古屋)
企業を取り巻く環境の劇的な変化の本質を理解し、テクノベート*2時代に即した戦略の立案、それを実行する上での要諦・難所など組織の変革を担うリーダーを育成することを目的としたプログラムです。

本ワークショップでは、プログラムの一部ご体験いただくとともに、TMP開講に至った背景や特長、変化を理解する視点の必要性等を、参加者の皆様と考えてまいります。

【本セッションの体験ポイント】
1.実践に繋がるトレーニング手法
テクノベート時代の経営の原理原則を理解しつつ、それを実現する上での難所を押さえることの必要性
2.今後起こりうる変化を感じ、自身に引き寄せて考える
クノベート時代のリーダーが押さえるべき学びは何か、それをいかに効果的に学べるかといった観点で選出したケースを活用し、どのように自身に引き寄せるのか
3.ディスカッション中心の工夫を凝らしたクラススタイル
受講者の積極的な発言によって学びを深めるインタラクティブなクラス進行

 

*1『テクノベート・マネジメント・プログラム(TMP)』は課長補佐層以上を対象としたプログラムです。
*2『テクノベート』は「テクノロジー」と「イノベーション」を組み合わせたグロービスの造語です。新しいテクノロジーやビジネスモデルの知見、 新たなリーダーモデルがイノベーションを創るという意味合いを込めています。

セミナーのご案内

日 時
2019年2月5日(火)  14:30~17:00 (受付開始14:10)
場 所
グロービス 名古屋校
対象者
企業の人材育成ご担当者様(各社2名様まで)
※同業の方、個人の学習目的の方のご参加はご遠慮いただいております  
参加費
無料 
定 員
25名
講演者
渡辺 祐介 

お申込みに対するお願い事項

・ご参加は1社2名様まででお願い致します。 (必ず参加される方1名様ずつWEBよりお申込みください)
・同業の方、個人の学習目的の方のご参加はご遠慮いただいております。

講師

渡辺 祐介  |  Yusuke Watanabe

大阪大学法学部卒業、グロービス経営大学院修士課程(MBA)修了。
大手損害保険会社にて顧客企業のリスクマネジメント体制構築支援、販売チャネル再構築等の業務に携わる。
グロービスに入社後、現在は法人営業部門のディレクターとして企業向け人材育成・組織開発のコンサルティングに従事した後、法人向けオンライン教育事業の責任者を務める。また経営戦略領域のリサーチ、教材・プログラム開発等に従事している。
講師としては、企業研修を中心に経営戦略・マーケティング・論理思考等の領域を担当。

無料セミナー