女性リーダー育成

加速する女性活躍推進の機運と現状のギャップ

「2020年までに責任ある地位の女性を30%に」という政府の目標や女性活躍推進法の制定など、女性の活躍推進に対する社会的機運が高まっています。
一方で、目標は与えられたものの、いざ社内で行動を起こそうとすると、

  • どこから手をつけていいかわからない
  • 女性課長は何人か輩出したが、後が続かない
  • うちの会社には、そもそも、リーダーになりたがる女性が少ない
  • 女性の活躍を推進する前に、まずは上司に意識を高めてもらう必要がある

などといった壁を感じられることはないでしょうか?

女性リーダーのパイプラインが育たないという悩みを抱える企業が増えています。

実際、「仕事と家庭の両立が困難になる」「責任が重くなる」「自分には能力がないと思う」といった理由でリーダーになることを躊躇する女性は多く存在します。人事部やダイバーシティ推進室などにお聞きしても、女性がリーダーへの意欲や自信を持てずにいることが、登用への大きな壁となっている場合が多いようです。

では、女性がリーダーへの意欲や自信を持てないのは、女性自身のせいなのでしょうか?

多くの日本企業では、働き方(管理職は私生活との両立がしにくい)や、人事管理の仕組み(男性と女性では配置される職務や与えられる業務に差異がある)なども、女性がリーダーになる意欲やスキルを持てない一因となっています。これらの要素と本人の意識が相まって、女性が自ら前に出ない→経験を積む機会を喪失する→経験が不足する→自信が育たない→周囲からも認められない→益々前に出る意欲がなくなる、という悪循環に陥っている場合が多いのです。

では、どこから手をつけてこの悪循環を断ち切ればよいのでしょうか?ひとつの契機となり得るのは、女性自身に意欲とスキルを持ってもらうことではないでしょうか。

グロービスのアプローチ

男女のリーダーを対象に実施した調査では、女性は男性よりも他者からの評価が高いにもかかわらず、自己評価が低いという傾向が見られます。能力があるにも関わらずそれを過小評価している、すなわち正しい自己認識が持てていないことになります。

グロービスでは、女性リーダー候補に正しい自己認識を持って頂き、「リーダーになれるという自信」と「リーダーに必要なスキル」 を持つことを支援するために、以下のような考え方で、女性育成の支援を行っています。

  • 特定の「女性らしさ」や「既存のリーダー像」を押し付けない
  • 「自分はリーダーには向かない」と思う女性の多くは、既存の指示型のリーダー像を思い浮かべ、自分とは距離があると思っています。しかし、リーダーシップのあり方は一つではありません。同様に、女性といっても多様であり、一つの「女性らしいリーダー像」や特定のロールモデルを見せるだけでは女性自身の納得度は高まりません。グロービスでは、リーダーシップ論、心理学、人的資源管理論、社会学などの研究結果に基づく手法による自己分析や女性が直面する壁についての議論を通じて、自分らしいリーダー像を描いて頂きます。

  • 態度や姿勢ではなく、リーダーシップ”スキル”を鍛える
  • グロービスのプログラムには、これまで経営大学院や企業研修で提供してきた実績のあるリーダーシップ強化の知見がふんだんに盛り込まれています。態度や姿勢を説くのではなく、リーダー行動に対する知識を深め、リーダー行動をスキルとして獲得していただくことが必要だと考えています。

  • より高次元なリーダーを目指す出発点とする
  • まずはリーダーになることへの不安を払拭し、意欲や自信を高めていただくことからスタートしながらも、最終的には企業の中で大きな役割を担うリーダーとなって頂くことを目指して頂きたいと考えています。女性リーダー特有のプログラムに加え、性別を問わないマネジメントプログラムまで、目指すゴールに応じて一貫した設計をご提案させて頂きます。

事業フェーズに応じた人材育成

また、もうひとつの契機として着目されるのが、女性リーダーを育成する立場である上長に意識を高めていただくことです。実際の女性リーダー候補よりも、その上長となる可能性のある方たちの方が人数も多く、まずはそちらの意識改革から始めたいという声も多くお聞きします。グロービスでは、このような方向けに、育成の目的理解からスタートし、アクションプランまで考えて頂くセッションをご用意しています。

・女性リーダー育成プログラム(WLP)
・女性リーダー育成/上長向け育成を含む集合研修

女性リーダー育成に関するご相談は、是非お気軽にお問い合わせください。