若手社員育成

  • 目先の仕事に追われるのではなく、会社が何を目指し、どんな仕組みで動き、今自分に求められる役割は何かを分かってもらいたい
  • 受け身ではなく、自律的に業務に取り組んでもらいたい
  • 自分の意見を上司に分かりやすく端的に伝えられるようになってもらいたい

変化する市場、競合に打ち勝つには、現場で日々格闘している若手社員の果たす役割も重要になってきます。現場の前線にいるからこそ気づく環境変化もあり、若い感性や従来の発想・やり方に捉われない新たな提案にも期待したいところです。


弊社にご相談いただく若手社員育成も、指示待ちで行動するのではなく、「自律型」の社員育成をご要望いただくことが以前よりも増えてきています。

グロービスでは若手の自律型人材とは次のような能力を持っている必要があると考えています。

  • 上司の指示や現場の状況を踏まえ自ら問題解決の道筋を描き、周囲を巻き込み、実行する
  • 現場で変化の兆候を捉え、自社にとっての意味合いを考え、上司へフィードバックする

グロービスのソリューション

弊社では、上記のような若手の自律型人材育成のご相談を受ける場合は、各社毎に人材要件を定義し、その上で必要なスキルを特定し、育成プランをご提案させていただきます。自律型人材育成のみならず若手育成の幅広いソリューションをご用意しておりますので、必要な内容に応じ、ご提案させていただきます。

▽若手社員育成に対応するグロービスのソリューション例

  集合研修 通学型 オンライン
(定型) (カスタマイズ) (GES) (GMS) (GOP) (OMC) (eL/グロービス学び放題)
分かりやすく自らの考えを伝える力
問題解決力
ビジネスに関する数字を読み解き、作る力
組織、会社の仕組みを理解する為の経営に対する基礎的な理解

若手社員育成に関する弊社ソリューションの活用事例は、こちらからご覧ください。

若手社員育成に関するご相談は、是非お気軽にお問い合わせください。