活用例


企業におけるグロービス・マネジメント・スクールの活用例

法人の皆様の課題に合わせたグロービス・マネジメント・スクールを活用した例をご紹介致します。

グローバル化や産業構造の変化など、企業各社は事業の大きな転換期に直面しています。このような環境下において、継続的に企業が勝ち続けるためには、強い組織が必要です。強い組織とは、経営幹部候補を潤沢にプールし、次世代のリーダーを継続的に強化・輩出できる組織です。

企業を取り巻く外部環境が変化する中で、顧客接点の最前線である営業担当者には変化が求められています。今求められているのは、旧来の御用聞き型の営業スタイルではなく、顧客の抱えている課題を的確にとらえ、解決につなげる提案型の営業です。

競合企業との競争激化や異業種からの自社事業領域への参入など変化が激しい時代には、既存事業の延長線上で事業を捉えるだけでなく、将来の事業ポートフォリオの視点を持ち、常に新しい事業を育てていかなければなりません。新規ビジネスを開発する際には、現在の所属部門の視点から抜け出し、広く業界の環境を理解した上で、自社が参入する市場の機会を探り、実現性の高いプランを策定することが求めれています。

創造と変革を担うビジネスリーダーは、「三つの能力」、すなわち「経営の定石」、「考える力」、「伝える力」、そして高い意識としての「志」を具備しなければなりません。

その他の課題別活用例



ソリューション