ヒト系領域プログラム内容紹介


人材マネジメント(基礎)

人材マネジメント論の基本的フレームワークを基礎から体系的に理解することを目的としたプログラム。
優れたマネジャー、リーダーとして活躍するために、これらのフレームワークを理解・修得することで、効果的に人を動かしたり、組織を動かしたりできる能力を高めることを目標とする。

  《 人材マネジメント(基礎) 》
全1日
主な内容 組織構造とマネジメント
〈 組織構造の類型とその役割 〉
〈 組織構造の設計 〉
〈 組織横断型プロジェクトチーム 〉
人事制度
〈 人事戦略と人事制度の整合性 〉
〈 評価制度、報酬制度 〉
〈 採用・育成・配置のサイクル 〉

組織行動学(基礎)

人や組織が動くメカニズムを押さえるとともに、その前提でリーダーが人・組織を動かしていくためにはどう振舞うべきかを理解する。そのために、組織行動学の基本的フレームワークを基礎から体系的に理解し、リーダーシップや、エンパワーメント(権限委譲)のあり方や考え方を理解する。また、個人のモチベーション(やる気)のメカニズムや高め方を理解し、個人のキャリア形成及び危機に陥った時の乗り越え方について理解する。

  《 組織行動学(基礎) 》
全1日
主な内容 人と組織のマネジメントとリーダーシップ
〈 人と組織のマネジメントの
考え方と必要性 〉
〈 リーダーシップとマネジメントの
考え方や相違点 〉
〈 エンパワーメントリーダーシップの
考え方と実践方法 〉
モチベーションとキャリア
〈 モチベーションの重要性、
考え方、理論の系譜 〉
〈 モチベーションを高める手法 〉
組織の中でのキャリア
〈 組織で働く個人のキャリア形成の
考え方と危機を乗り越える為の手法 〉

リーダーの基本行動

部下や後輩等を巻き込んで主体的に物事を進めていくことを期待されるリーダーがとるべき行動の全体像を“体系的”に把握し、リーダーシップを更に強化することを目的としたプログラム。
成果を出しながら部下を育成するためのプロセスを「型」として押さえ、リーダーシップを先天的な素質ではなく、開発可能なスキルとして捉える。自身の行動をケースや他者との議論から自己認識し、実務での改善点を具体的に考える。

  《 リーダーの基本行動 》
全1日
主な内容 リーダーの役割
〈 リーダーが果たすべき役割とは何か 〉
リーダー行動のプロセス(各論)
〈 プロセス毎に、陥りやすい罠(難所) 〉
〈 難所を越えるためのカン・コツ 〉
リーダーの基本行動の全体像
〈 リーダーがとるべき行動の
要素とプロセス 〉
リーダーの基本行動の全体像
自身の行動変革へのコミット

リーダーシップ開発

環境変化の激しい社会で新たな方向性を打ち出し、周囲を巻き込み、確実に行動できるためのリーダーシップ能力向上を目的とする。リーダーに求められる行動をプロセスとして整理・分解した上で、ケースメソッドを通じてそれぞれのプロセスにおけるポイントと難所を深く理解する。また、インターバル期間での実践の振り返りや、プログラムの最後のコミットメントシートの作成を通じ、自らのリーダーとしての在り方を再考し、今後の自己成長に向けた指針を得る。

  《 リーダーシップ開発 》
全2日
主な内容 リーダーの役割
〈 リーダーの役割と基本行動 〉
ビジョン・ゴールの設定
〈 メンバーの能力把握とゴールの共有 〉
計画の具体化/実行の徹底
〈 周囲を巻き込む 〉
〈 フォローしながら結果を出す 〉
計画自身の行動変革へのコミット

変革のリーダーシップ

組織全体を方向づけし、メンバーの価値観を合わせながら組織文化を醸成し、変革へと導く力を養う。そのために、組織において人が動くメカニズムの基本原理を理解した上で、組織変革を行う際の原則となるステップを理解する。さらに、組織を動かすためには、自らがリーダーとして果たすべき役割があることを強く自覚し、あるべきリーダー像の具現化のために今自らがとるべき行動の指針を得る。

  《 変革のリーダーシップ 》
全1日
主な内容 変革時のリーダーシップ
〈 組織内における人間行動のメカニズム 〉
〈 企業(組織)変革のステップ 〉
〈 企業変革時のリーダーの
役割と具体施策 〉
企業・組織文化のマネジメント
〈 組織文化の醸成に
おけるリーダーの役割 〉
〈 リーダーシップスタイルと戦略や
制度との整合性、共通価値観を
持つことの重要性 〉
振り返り
〈 学びの振り返り/
活用イメージの言語化 〉

リーダーシップ・リフレクション

ケース・メソッド(実例)を通じ、これまでに活躍し実績を残してきたミドル・リーダーだからこそ陥りがちな典型的な落とし穴を理解する。その上で、受講者自身の現在のリーダーとしての姿を自己観照し、将来自分が目指すべきリーダーの姿とその実現に向けた自己の課題を特定し、解決のために自身がとるべき行動を考える。将来を期待されるリーダーが、現状で満足せず、更なる高みを目指すための指針を得ることを目標とする。

  《 リーダーシップ・リフレクション 》
全1日
主な内容 リーダーが備えるべき視点・視野、心構え
〈 成功の罠、自己の役割認識、
他者から学ぶ姿勢 〉
あるべきリーダーを目指すための自己課題
の特定と、乗り越え方の指針
〈 現状の自己観照、あるべき姿との
ギャップとその克服法 〉
自社に求められるリーダーの姿
〈 自社の環境分析と、
あるべきリーダーの要件 〉

女性リーダー育成(ご本人向け)

【対象】女性のリーダー候補者(管理職登用前)
女性のリーダー候補者の多くが課題を感じている「リーダーになれるという自信」と「リーダーになってみようという気持ち」を持つことそのものを支援する。能力・意識レベルに訴えかけ、自己認識を変革し、リーダーシップの基礎を獲得することを目指すプログラム。

《 女性リーダー育成(ご本人向け)》
1日目 2日目
主な内容 自己認識の変革
〈 自分の強みとリーダーシップ 〉
リーダーシップ基礎の習得
〈 リーダーの役割と基本行動 〉
リーダー像の刷新
〈 多様なリーダーシップ・スタイル 〉
〈 女性リーダーのキャリア 〉
リーダーのパワー
〈上司に対して影響力を発揮する際の
要諦・難所 〉
今後の行動コミットメント

女性リーダー育成(上長向け)

【対象】女性リーダーの育成を任されている方(女性社員の上長)
ダイバーシティ推進の意義を理解し、価値観は多様で自身にも偏見があることへの気づきを促す。ダイバーシティを推進するリーダーの在り方を考察しながら、女性部下の育成プランを具体化するプログラム。

《 女性リーダー育成(上長向け)》
1日目 2日目
主な内容 ダイバーシティ推進の戦略的意義の理解
〈 ダイバーシティの戦略的必要性 〉
〈 ダイバーシティマネジメントのポイント 〉
女性部下の育成プラン作成
〈 自身の価値観の刷新 〉
〈 育成への関わり方 〉
価値観の多様性の理解
〈 多様な価値観、自らの偏見 〉
〈 多様なチームのマネジメント 〉
ダイバーシティを推進するリーダーの在り方
〈 ダイバーシティを推進するリーダー行動 〉
〈 企業文化の変革 〉
今後の行動コミットメント

影響力強化

合理的な判断だけでなく、感情的・本能的な人間の反応(行動)のメカニズムを踏まえ、適切な働きかけにより周囲の人を巻き込む力を養う。そのために、人間行動のメカニズム、特に心理的・本能的側面の原則を理解し、人を動かす上での多様なアプローチを理解する。その上で、他者との関係性構築を戦略的に行い、影響力を発揮するために踏むべきステップを押さえる。

  《 影響力強化 》
全1日
主な内容 上司を動かす
〈 上司に対して影響力を発揮する際の
要諦・難所 〉
部下や他部門を動かす
〈 部下や他部門(組織)に対して影響力を
発揮する際の要諦・難所 〉
改善行動のコミットメント
〈 コミットメントシートへ、セッションを
通じて認識した自身の
課題と改善行動を言語化する 〉

異文化マネジメント

グローバル・リーダーに求められる要件のひとつとしての異文化対応能力を鍛えることを目的としたプログラム。リーダーシップ・ピラミッド(行動・能力・意識)をベースにしながら、個人の深層意識に影響を与える文化を背景とした価値観の違いを理解することに注力し、異文化環境における効果的なリーダーシップの発揮の仕方について議論する。多様な人材、組織を求心する際のリーダーとしてのマインドとスキルを高めることを目標とする。

  《 異文化マネジメント 》
全1日
主な内容 異文化マネジメントの意義・全体像
〈 リーダーシップ発揮の難所 〉
〈 文化的適性、文化的知性 〉
〈 異文化対応スキルの磨き方 〉
異文化環境における人材マネジメント
〈 異文化環境下の判断軸 〉
〈 異文化環境下のHRM制度運用の
カンコツ 〉
〈 リーダーの説明責任、
部下とのコミュニケーションへの備え 〉
振り返り

企業理念と社会的価値

理念に対する理解を深めた上で、リーダーの役割(“成果創出”と“育成”)を強く意識し、初期動作における目標設定や相手を理解することの重要性を理解する。さらに、メンバーの意欲維持と指導・管理のバランスを深く考え、モチベーションを引き出しながら行動を促す目標を設定し、フィードバックすることの重要性を理解する。

  《 企業理念と社会的価値 》
全1日
主な内容 経営理念の位置づけ、効果・効用
〈 経営をする上で意識すべき理念の効用 〉
〈 経営理念と企業文化の関係性 〉
〈 経営理念を浸透させる上でのポイント 〉
経営理念に基づいた経営判断
〈 理念と事業戦略の位置づけ 〉
〈 ステークホルダーと
自社の事業との関係 〉
〈 事業活動の中での社会的価値の実現 〉
〈 経営者の理念に基づく判断 〉
今後の行動コミットメント
〈 自社や自身の課題と改善行動の言語化 〉

使命感醸成

自らが決めた志からスタートした冒険家のケースや、誰かが決めたみんなのための志からスタートした政治家のケースを題材に自らの使命感を醸成するプログラム。困難な状況下でも組織に前向きな活力をもたらすリーダーとして、自身の価値観を明らかにし、仕事への使命感を高める。

 
全1日
主な内容 変化の激しい時代のリーダーに求められる資質
〈 リーダー自身の志や生き様はどうあるべきか 〉
〈 優れたリーダーに求められる視点や資質を議論し、 目指すべ きリーダー像を描く 〉
世の中の難題と向き合うリーダーの志
〈 難題と向き合う志はどのように育つのか 〉
〈 解決困難な難題に立ち向かうリーダーを支えるものは何か 〉
リーダーとしての後世に残したいもの(使命の宣言)
〈 後世に何を残したいか?を考察する 〉
〈 自らの想いと言葉で自分の使命を宣言する 〉

リーダーシップジャーニー

リーダーとして持ちたい基本姿勢として、自分自身をリード(Lead the Self)してまずは行動に移 し、ビジョンを語ることで周囲の人々を巻き込み(Lead the People) 、やがて社会をリードする (Lead the Society) リーダーになる事を目指すプログラム。

1日目 2日目
主な内容 挑戦課題を自ら高く設定する為の思考技術と志 や信念のあり方
〈 リーダーとして物事を成し遂げる上での想い、志の重要性 〉
〈 リーダー自身の自己変革に必要な要素 〉
個人的意味性と社会的意味性
〈 自身の仕事観を考える 〉
〈 個人的意味性と社会的意味性を考える 〉
自身の価値観の棚卸
〈 自身の体験より、自分を形作った原点/価値観を考察する 〉
〈 多様なチームのマネジメント 〉
使命感の醸成
〈 社会を導くリーダーとして、更に次元を上げる 〉
〈 後世に何を残したいか?を考察する 〉
組織への浸透とリーダーの役割
〈 「新たな価値創造が出来る組織」を実現するためのリーダーの役割とは? 〉
リーダーとしての宣言(コミットメント)
〈 リーダーとして成し遂げたい願望や社会の姿をクリアに描き言語化する 〉
〈 明日から自分は何をするのか、自らの想いと言葉で宣言する 〉

ソリューション