活用事例 中堅社員育成(3件)

前へ 1 2 次へ 1-3/4件

プロジェクトマネジメントに必要な思考力とコミュニケーション力を養う

業種
会計事務所
対象層
プロジェクトマネジメントを担う中堅社員

育成ストーリー

担当プロジェクトを推進するための基本的な知識は持っているものの、プロジェクト全体を俯瞰する視点が不足しており、マネージャーの助けが必要となっている。経験に欠ける部分は仮説で補いつつ、顧客やマネジャーの意向を踏まえて、現場をまとめ動かす力を身につけてほしい。

プログラムの狙い/ポイント

  • 他社人材と切磋琢磨することにより、経験だけに頼らない論理思考を身につけ視野を広げる
  • 社内外の関係者の意向をくみ取り、プロジェクトをまとめるファシリテーション能力を身につける

チームを牽引するリーダーとしての自覚と行動を身につける

業種
情報サービス
対象層
課長~課長補佐層、30~40代

育成ストーリー

課長職層に対して商流やコンプライアンスなどの基礎研修はおこなってきたものの、自ら課題を特定し、解決に向けて具体的なプロセスに落とし込むことが苦手。一段上の目線での課題解決力をつけて欲しい。
また、自ら動くのではなく、部下に解決に取り組ませ、育成する力をつけてもらいたい。

プログラムの狙い/ポイント

  • 行動につながるリーダーシッププロセスを習得する
  • 組織変革を担うリーダーとして持つべき視点と自覚を高める
  • 他社の似たような状況の受講者とネットワークも構築したい

新規事業提案のできるビジネスリーダーを育成する

業種
ITベンチャー
対象層
中堅~管理職

育成ストーリー

創業時は尖った人材が自ら事業の種を見出し新規事業を立ち上げてきたが、市場が成熟し、事業創造の難易度が高まってきた。これまで新規事業はリーダーの属人的素質に頼りがちで、組織に次の世代を育成する風土は根付いていない。中長期的にも次の柱となる事業を常に創造し続ける必要があり、かつ、自社の社風として常に新しいものを生み出す活気を組織に根付かせていきたい。事業企画に携わるミドルリーダーを選抜・育成したい。

プログラムの狙い/ポイント

  • 新しい事業を創造し具現化するまでのプロセスで押さえるべき論点を効率的にモレなく学ぶ
  • 学習フェーズの区切りでインターバル(2週間)を設け、事前学習と振り返りを入念に行い実務に紐づけることで再現性を高める

プログラム全体像

前へ 1 2 次へ 1-3/4件